2018年05月18日

4月の2階猫達

1526628441093.jpg1526628509110.jpg1526628543699.jpg1526628708553.jpg1526629094114.jpg

下の記事があんまりなんで、
出番の少ない2階猫らも(笑)
posted by きのぴた at 16:39| Comment(1) | メール更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4/22~ ドスコイ異変と、ひげちーのこと

20180422-dosu.jpg

パンダ軍団の一味である、ドスコイ
22日の夕方に病院へ。
兄曰く、足が動かない。
見れば後ろ両足がピンと伸ばしたまま、力が入らない感じ。
亡くなった六の時を思い出して、すわ血栓かと思ったが、
すでに数日経ってて、ご飯は食べてると云う。

その状態でも威嚇しまくり、出窓の猫ハウスに籠っているのを、
ハウスごと取り出して、キャリーへ落とし込む。

後ろ足の肉球は、薄いが一応ピンクに色づいている。

病院でもネットに落とし込むも、中から威嚇はするので、
とりあえずはレントゲン。

骨折や血栓ではなさそうだが、麻痺してるのは確実。
そして踏ん張れないからか、ウンチが胃の方まで圧迫してる。

麻酔してCTも考えたが、治療をやらせてくれるかの問題もある。
ひとまず血液検査(一応10歳超えだし)と、
ウンチ出しも出来る範囲でお願いして。

血液検査では、脱水以外は特に異常はみられず。
ウンチも尻だけネットから出して押さえて、
ケツから5センチ分だけ出したとの事。
(掻き出しだからね笑)
それでも出口が空いた分、中の方のが移動すれば楽になるハズ。

血栓や脊髄損傷の様子はないから、
腫瘍が神経圧迫してる可能性があるかもと、
補液にステロイドを加えて打ってみることになり。
一週間ほど打って、様子をみる事となった。

20180423-dosu.jpg

で、もちろん通うのはきのぴた。
兄は世話もできんと云うので、二階へ連行。
しかし当然きのぴたを嫌ってるのもあり、
手も出しまくるので、上の開くタイプでないと掴めない。
里珈しゃんケージは姫様トイレとして使うし。

なのでケージ届くまでは、トラベルキャリーにて我慢してもらおう。

きのぴたもさることながら、二階猫にも怒るドスコイ。
仕方ねーべよ、嫌なのはお互い様だ。

20180423-dosu2.jpg

…まあ、こんなんも居るから気持ちはわかるが(笑)


20180423-dosu3.jpg

後ろ両足麻痺なんで、当然チッコも垂れ流し。
それでも怒ると出るのは一緒なので、
シーツ交換で捕獲しようとしたり、
圧迫排泄させればジョ~ッと出る。
補液した分量も多いんで、こまめに替えないとだか、
これがまた余計に怒らせ、ご飯差し入れでさえ唸る。

身動きは出来るのと手は動くから、掘ったり引きずったりで、
毎回ぐしゃぐしゃ。
ただしご飯はしっかり食べてたので、強制給餌は全くなし。
(まあ、給餌させてくれんかっただろうが)

20180424-dosu1.jpg

交換時は里珈しゃんケージに待機してもらうが、
…もともとデカイのに後ろ足ピーンだから、まあ狭いわな。

20180424-dosu2.jpg

里珈しゃんケージだと上半分しか開かないので、扉から捕獲だが、
これがまた怒って叩きまくるんで時間かかるし。

20180427-dosu1.jpg

ようやくケージが届いてホッとした。
病院後・皿洗い後だったから夜中すぎまでかかったがー。

20180427-dosu2.jpg

ワンコ用で上も開くタイプだが、留め具が固いのでナス管使用。
箱の段ボールでガードもつけたが、隙間から齧ってた(笑)

20180427-dosu3.jpg

やっと伸びた足が邪魔にならずに寝られるようになった。
マットも敷けたし(キャリーでは毛布重ねのみ)

ウンチの圧迫排泄は無理だったが、捕獲で怒る時に出たのでヨシ。
補液とせっせとスープ(蹴るので水置けず)効果か緩めになったが、
出すにはその方が楽かもしれん。

が、慣れない場所と嫌いなヤツの世話と、
何より動けないストレスは溜まるばかりだったようで。

26日の夜に、抱っこしながらの圧迫排泄中、噛まれた。
左手を両手の脇に入れ、右手で腹揉みするのだが、
手に口が届かないもんだから、顔の横の左肩下の二の腕をガブッ。

幸い口が斜めに入り、肩の骨に当たったんで傷は深くはなく。
手の動きには影響がなかったが、重いものは持ちづらくなった。

この様子じゃ次やられたらヤバイと思い、連休前で激混みの、
人間病院で薬を貰いに行ったが、前回のコロッケの左手よりは、
全然傷が浅いので(笑)、飲み薬は二日分のみー。
ちっ、これじゃ全部次回用じゃん。

20180428-dosu1.jpg

痛みやしびれはさほど無かったが、やはり動きはにぶったのか、
28日の朝には左手の甲を噛まれてしまった。
前日の腕治療時、腫れたら土曜でもおいでと云われたので、
図々しく人間病院に行き、治療と追加の薬を出して貰う。
(でも4日分だけ、次は休み明けに来いと云われた。ケチー)


この状態になって、しみじみ考えたが。
もしやられたのが右手だったら。
ドスコイの面倒だけの問題じゃない。
今、きのぴたが怪我しても、誰も代わりはいない。
つか、最初の時だって顔も危なかったわけだし。

20180428-dosu2.jpg

残念ながら毎日の注射も効果は出ず、麻痺はとれないまま。
オムツさせてくれるなら放牧は構わないが、
…ぜってぇ無理だし。(まして今の手では)

治療そのものは効果ないので終わりにしてしまえるが、
こまめな世話とウンチのチェックはかかせない。

20180429-dosu1.jpg

けれどドスコイ的には、協力するどころか、
きのぴたはただの敵である。

20180429-dosu2.jpg

ご飯はともかく、触られるのも本当は見られるのすら嫌なんだろう。

いつものパンダ部屋ならまだ落ち着つくかもだが、
いちいち通ってられないし、馬鹿兄は面倒見れないと云ったから。

申し訳ないが、安楽死を考えざるをえなかった。
そこへひげちーの異変もあり、兄が休みの30日に連行して、
一緒に看取るつもり、…でしたよ。
行く寸前までは。


病院行く前になって、兄がいきなり自分が面倒みると言い出した。
はぁ?、と怒りつつも、予約時間なのでとにかく病院へ移動。

院長と含めて話をするも、自分が世話をすると言う。

…あのさぁ、普段垂れ流しだからシーツ交換必須だし、
汚れたら拭いてやらにゃいかんし、
ウンチの様子もみてやらにゃいかん。

なのに兄は遅番仕事の時は早くても12時間以上帰れないし、
休みの日だってパチンコに行けば8時間は帰らん。
自分でみると云ったからには、ワシは絶っっっ対に手伝わないぞ。

そもそも人に捕獲ばかりさせといて、抱っこできるんかいな!
と、診察台(の上のネット)に入れさせたら、
威嚇はされてたが、抱っこはさらっと出来て、
でも後ろ足伸びてるのに頭から入れようとしくさった。

院長は、「反対する人がいるなら、安楽死は待った方が良いよ」
との事で、最後の補液だけして連れ帰りましたが。

院長は馬鹿兄の性格知らないから。

連れ帰って。

その日は兄は休みで、病院行く前に猫世話も終えてて暇だったのに。
(そして兄はしっかり自分の夕飯も食べ終えてた)
連れ帰ってから、クマゴロー母をケージから出して、
入れる支度をはじめやがった。

あれだけ垂れ流しだと云ったのに、トイレも入れた!
もちろん、床にはシーツも敷かずに毛布のまま。

キティケージで狭いのに、2段目の棚もそのままで、
上半身は手で起きれても、手だけでは棚など登れないのにそのまま!
(実際登ろうとしてすべり落ちた)

シーツ敷かせて、シーツ交換は量が半端ないから大量に買ってこい、
ウンチも出なかったら自分で病院に連れて行けと云って、
後きのぴたは関知せず。


20180501-dosu1.jpg

その後は床にシーツのみで、毛布もマットもなしのまま。
2段目も外せないとかでそのまんま。
(ドスコイはもとは6キロサイズなんで頭ぶつける)

そんでやっぱり休みの時すら、長時間放置。
シーツだけなら犬用トイレ置いてシーツ留めるとか、
水置きも台をしたり、金具で固定するとかの工夫もないまま。

が、きのぴたはもう一切ノータッチと決めたから。
あの日に、ドスコイは鬼籍に入ったのと同等だから。

実際、ケージ高さは中途半端にあるから上から掴めないし、
棚はあるわ扉狭いわでは、マジで噛まれないと掴めないから、
シーツ交換は怪我なしでは不可能なのだ。

遅番で帰らないときだけ、ご飯は出してやるが。
(2段目のカリカリ入れはもちろん届かないので下してやる)
ウンチもその後きちんと出てるかもワカラン。
でも病院前と同じく、出てなくても食べてるからで、
病院連れて行く気もないのだろう。


猫が可哀想だから手伝ってあげれば、と言われるかもしれない。
が、仮にきのぴたに何かあった時、世話もしないのでは、
その方がよっぽど猫が可哀想だろう。
何より、自分で世話できないならマジで猫飼うな、の話なのだ。

きのぴたにだって、きのぴたの猫の世話がある。
そしてやりたくもない、人間の家事もある。
ドスコイの世話をしながら毎日通院の1週間ちょい、
一番迷惑をこうむったのは、きのぴたと2階猫の方だ。

保護活動では線引きも大事、とあるように、
悪いがドスコイよりは2階猫らの方をとる。
体力的にも本当に無理がきかなくなってるから、
最低限の自分のことは自分でやってくれないと。


きのぴたにだって、限界はあるのだ。


あの時の兄の決断がどうだったのかは、
兄自身で決着をつけるべきである。
なので、これはただの記録としてのみ残します。


長くなったのと、写真がちとエグイので、
ひげちーの事は下に書きます。

続きを読む
posted by きのぴた at 16:30| Comment(1) | パンダ軍団(1階猫) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

サクラコ、正式譲渡でした(訂正・追記あり)

1524389415011.jpg1524389425362.jpg1524389434171.jpg


本日、黒黒スリーのサクラコは正式譲渡となり、
新しい名前はデレちゃん(ツンデレのデレ笑)になりました!
ベルちゃんの間違いでした。
デレちゃんはお見合い時に悩まれてた名前~🐱

詳しくはまたパソコンから~(^_^;

応援ありがとうございました(*^人^*)

楽天2号店にてアップしました!
ページはこちら → 【サクラコ、正式譲渡です♪】
posted by きのぴた at 18:33| Comment(0) | メール更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする